わかりやすい!オリジナルバッジの作成ガイド

TOP > オリジナルバッジについて > オリジナルバッジ作成をする際の取り付け方法の種類

オリジナルバッジ作成をする際の取り付け方法の種類

ワンポイントのおしゃれとして利用されることが多い缶バッジですが、オリジナルバッジとして作成する場合もありますよ。
オリジナルバッジの使用法穂うとしては個人の趣味で楽しむだけでなく、スポーツなどのチームロゴにしたりクラス用として作成したりと様々な活用方法があります。
そんなバッジですが、取り付け方法にもいくつも種類があります。
まず一般的なバッジの種類として多いのが、安全ピンタイプになります。
バッジの裏側に安全ピンが付いているので、洋服やバックなど様々な場所に設置することがD毛います。
また付けたり取り外しが簡単なので、多くのバッジで利用されている取り付け方法の1つになります。
またピンで一度付ければ安定するので、途中で外れてしまうということが少ないのも特徴の1つですね。


その他にはクリップピンが付いているタイプなどもありますよ。
安全ピンもついていますが、同時にクリップもついているタイプにあんりますよ。
安全ピンを利用して服やバックなど布なので付けるだけでなく、クリップを使って挟んで付ける方法などもあります。
クリップは布やポケットに挟んで付けることができるので、洋服やバックに穴を開けたくないという場合はとても便利ですね。
またクリップタイプの場合は安全ピンが付いているタイプと付いていないタイプなどもあるので、用途に合わせてクリップと安全ピンを選ぶことができますね。
そのほかにオリジナルバッジとなかで人気があるのがマグネットタイプになりますよ。
マグネットは裏側が磁石になるので、金具の部分に自由に付けることが出来るタイプになりますよ。
冷蔵庫の他に掲示板や黒板など、様々な場所につけることができます。


会社であればホワイトボードに取り付ける事もできますね。
そのほかに机といった場所など、金具であればどこでも付けるので用途はとても幅広いタイプになります。
またオリジナルバッジとして作成するさいに付けたかとして髪ゴムタイプなどもあります。
安全ピンやクリップピンなどをつける箇所に、髪留めゴムが付いているので髪の毛をしばる際に使用することができますよ。
そのためスポーツチームの応援グッズなどで利用されることが多く、女性が髪の毛をしばる際に使う事が多いです。
男性が使う場合は腕などに付けることもできますね。
その他にはバッジの裏側に鏡をつけるタイプなどもあります。
オリジナルバッジとしても裏側の付けた次第によっては用途なども幅広く、様々な場面に活用できるアイテムと言えますね。

次の記事へ

TOPへ