わかりやすい!オリジナルバッジの作成ガイド

TOP > オリジナルバッジについて > オリジナルバッジについて知っておきたいこと

オリジナルバッジについて知っておきたいこと

缶バッジは、お店で普通に販売されていますが、自分の好きなデザインのものが欲しい場合などはオリジナルバッジを作るという方法があります。
方法としては、自分で手作りする方法と、インターネットなどで業者へ依頼するという方法があると言えるでしょう。
自分で手作りする場合は、玩具売場などへ行けば製作キットが販売されていますので、それを購入することにより簡単に作ることができます。
ですので、モノを手作りするのが好きな人や少数だけ作りたい場合に向いていると言えます。
しかし企業のノベルティグッズや販売を目的として大量に作る場合は、業者へ依頼すると便利だと言えるでしょう。
デザインに関しては、自分で直接絵を描くという方法もありますが、デザインの専用サイトを利用すると、自分の持っている画像データをアレンジできるため、写真などを素材にすることも可能です。


オリジナルバッジの種類に関しては、後ろにピンがついたタイプが最も一般的だと言えますが、その他にもさまざまなタイプがあります。
後ろにマグネットがついたタイプは冷蔵庫などの金属のものにくっ付けることができますし、後ろ側がミラーになっているタイプは、女性が化粧直しをするときなどの鏡として利用することができます。
他にも、ストラップになったタイプや、キーホルダーのタイプなどもあるため、目的や用途に合わせて選ぶとよいでしょう。
そしてサイズに関しては、コイン程度のものからコースター程度のものまでさまざまありますが、邪魔にならない小さめのサイズのほうが人気があります。
また形に関しては、定番の丸形以外にも、四角形やその他の形のものがありますし、自分の希望する形を注文できる場合もあります。


オリジナルバッジは、業者へ依頼する場合が多いと言えますが、当然のことながら費用や時間がかかってしまいます。
しかし業者へ依頼するメリットもあるので、そのことを知っておきましょう。
まず挙げられるメリットは、さまざまなデザインに対応してもらえるということです。
自分で作る場合はデザインが限られてしまいますが、業者へ依頼すると細かいデザインまで対応してもらうことが可能です。
もちろんデザインが細かいと時間がかかるという難点はありますが、クオリティーの高いものができるというメリットがあると言えるでしょう。
次に挙げられるメリットは、大量の注文に対応してもらえるということです。
少数であれば自分で作ることもできますが、ある程度量が多い場合は業者へ依頼したほうが楽だと言えるでしょう。
それに注文する量が多いほどバッジ1個あたりの単価を安くすることができるというメリットもあります。

次の記事へ

TOPへ